火災保険の見積もりおすすめのサービスはこちら

火災保険のプランを比較検討しているあなた。
火災保険を払いすぎかなとお感じになっているあなた。
火災保険のプランって複雑で分かりにくいですよね。

 

火災保険は補償内容はたくさんあります
例えば、建物の補償、家財補償などがあります。
火災保険だからといって火災のみが保障の対象にはなりません。
例えば、盗難に関する保障もあります。
火災保険は掛け金を安くすれば、保障内容が薄くなり、保障されいない災害に遭いいざという時に補償金が受け取れなくては元も子もありません。
一方で、掛け金を高くして保障を厚くすればいいということでもありません。
あなたにとって不要な保障内容があっては掛け金の無駄遣いになってしまいます。
長い期間加入する火災保険はコスパが大切です。

 

一般の方にとって保険の内容は複雑でパンフレットを見ても、どれが最適なプランなのか分からないことがあります。
乗り換えをするのが面倒になってしまうくらいです。
また、戸建て、賃貸マンション、アパート、分譲マンション、リゾートマンション、空き家などのお住いの違いによって必要な保険が変わってきます。
お住まいが木造、鉄骨などの構造によっても変わってきまし、築年数や新築・中古住宅、新築マンション・中古マンション、付属建物の有無、どによっても保障範囲が異なってきます。
エネファームの使用などオール電化などの条件によっても保険料が異なってきます。
あと、お住まいの地域によっても保障内容が変わってくることがあります。
例えば、台風や雨が多く降水量が多く水災のリスクが高い地域、雪による影響が大きく雪害のリスクが高い地域などです。

 

保険会社数社の資料請求をしてパンフレットなどを取り寄せて見てみて不明な点は問い合わせセンターに聞いてみるもの1つのやり方です。
保険代理店に行って保険のプロフェッショナルに話を聞いてみるもの1つの方法です。
しかし、これだと手間が掛かって面倒です。

 

複雑な火災保険のプランを比較検討してもなかなか最適なプランが見つからないと思います。
どこがいいのか、選び方もなかなか分からないと思います。
火災保険に新規で入るにせよ、火災保険を切り替えるにせよ、まずは最適なプランの見積もりを取ってみることをおすすめします。
見積りを作成してもらうことで、火災保険のシミュレーションが正確に出来るようになります。

 

火災保険の見積もりが出来るおすすめのサービスをご紹介します。
webで見積書の申し込みが出来ます。
おすすめのポイントは、オンラインなので当日すぐにでも対応が可能で、一括見積もりにも対応している点です。

 

 

おすすめのサービスをご紹介

火災保険の見積もりができるおすすめのサービスをご紹介します。

 

火災保険の窓口

「火災保険の窓口」は、当日見積もりが出来て、一括見積もりも出来るサービスです。

 

【特徴】

  • 当日見積もりが可能
  • 一括見積もりが可能
  • 商品数が多い
  • 実績がある

 

「火災保険の窓口」は当日すぐに見積もりを出すことが出来ます。
火災保険の見積もり一括もすることが可能です。
また、午前中のお申込みで当日対応が可能です。
入力は3分程で出来ます。
急いで見積もりを依頼したのにいつまで経っても見積もりが来ないなんてことはありません。

 

契約件数の実績は約25000件です。
商品数は最大19商品あります。
様々な保険会社のプランから最適なプランをご紹介出来ます。
おすすめポイントは一括見積もりを無料で取り寄せることが出来ることです。
ネット見積もりが出来るので代理店に行く必要はありません。

 

一括見積もり申し込みの流れ

火災保険の見積もり一括の流れです。
@以下のバナー(ボタン)・青字部分をクリックして「火災保険の窓口」のページに進みます。
Aページ下部の「【無料】一括見積もり依頼」の赤いボタンをクリックします。
B必要事項を入力します。
C電話にて保険内容の詳細の確認があります。
D見積もりが提示されます
E比較・検討して契約

 

 

火災保険の窓口で無料一括見積もりのお申込みはこちらです。
(バナーか青地部分をクリックして下さい。)

↓     ↓     ↓

 

火災保険を比較するメリット

火災保険を比較するメリットとは、各社のプランを比較することであなたにピッタリ合ったプランを探すことが出来ますし、場合によっては保険料を低くすることも可能です。

しかし、代理店などに直接行って比較するもは時間が掛かり手間も掛かります。
また、資料を取り寄せ比較検討するもの時間が掛かりますし、保険のプランって細かいところまでカバーされているプランもあり素人では分からないことが多いです。
分からない所を問い合わせして解決してゆくのは面倒です。

 

火災保険は比較することにメリットはあるが、比較する方法が面倒だったり手間暇が掛かったりしてしまいます。
そこで、直接代理店に行ったり、資料を取り寄せないで、火災保険の見積もりが出せるネットのサービスを利用します。
ネットの火災保険の見積もりサービスなら、各社の各プランを同時に比較出来ますし、あなたの希望する条件にあったプランを探すことも可能です。
しかも、手間暇が比較的かかりません。

 

火災保険を比較して見積もりを出してもらえるサービスを利用することによって、手間暇をかけずに保険プランの見直しが出来ます。
あなたにとって、必要な補償と不必要な補償があると思いますので、比較して見積もりを出してもらえば、保険料を適正価格にすることも可能です。
上記しましたが、保険料が安いから良いという訳ではありません
あなたのご希望にあった保障内容で、しっかりと保障があって、さらに保険料が適正価格で以前より安ければ良いということになります。
火災保険は数年契約を結ぶことが多いです。
1年間ならわずかな金額でも数年となると差が出てくることもあります。

 

火災保険の一括見積りのデメリットが1つあります。
一括見積りを依頼する際に氏名やメールアドレスなどの個人情報を提示する必要があります。
メールアドレスなどを提示するので、広告などのお知らせメールなどが届くようになる可能性があります。

 

 

火災保険を大別する

リスクで大別

火災保険を大きく分けると、火災に関するリスクを保証するものと、火災に加えて他のリスクを保証するものです。

火災のリスクとは、火災、爆発、落雷のリスクです。
火事によって生じる損害を補償する保険です。

 

他のリスクとは、水漏れ、水害、風災、雪害、盗難などのリスクです。
水漏れは賃貸住宅にお住まいの方や分譲マンションにお住まい方の場合は、ご自身の過失によって発生する場合と、上の階の住民の過失によって生じる場合があります。
水害、風災、雪害は自然災害によるリスクです。
災害ではないが、水災による雨漏り、台風・風災・雪害にるカーポートの破損というのもあります。
他のリスクに関しては火災保険のプランによって保障される範囲が異なりますし、火災や災害に関係あるのと思われる保証内容があったりします。

 

災害よるリスクが火災保険の補償内容になっているケースもあるとお話しをしましたが、地震によるリスクは地震保険の補償となります。
地震保険は単体ではお申込みできません。
火災保険に加入されて、それに加えてという形となっています。
地震、津波、あと噴火によるリスクは火災保険の対象外となります。

 

火災とその他のリスクの補償がパッケージになっているプランなら詳細を考慮しないで申し込めますが、お住まいの条件によってはいらない保証内容が含まれいていることもあります。
この場合ですと、不要な補償にも保険料を支払うことになり、保険料がその分高額になることがあります。
例えば、戸建てにお住いの方の場合、上の階の住民の過失による水漏れの補償は不要です。

 

一方で、各保障内容を吟味してプランを考えるのは、火災保険に詳しくない限り不安を覚えるかもしれません。
保障内容を見落としていて、いざリスクが生じた際に保険適用外だったでは後悔をすることになります。

 

建物と家財で大別

火災保険の補償対象は建物もしくは家財、建物と家財両方が補償対象となる場合があります。
どのパターンにするかは選択可能です。
一般的に、戸建てや分譲マンションにお住まいの方は建物と家財、賃貸にお住まいの方は家財と大家さんへの損害賠償を補償する特約と付けるケースとなります。

 

火災保険をご検討の方は、保険会社に問い合わせたり、一括見積もりが出来るサービスをご利用になってみてはいかがでしょうか。

 

建物の範囲

火災保険は建物や家財が補償される保険です。
建物とは何を指すのでしょうか。

火災保険でいう建物とは、建物と建物に付いていて動かせないものを指します。
これを付属建物とか建物付属物と言ったりします。

 

例えば、お風呂の備え付けの浴槽、トイレの便器、畳、塀、門、車庫やカーポート、物置などです。
塀、門、車庫やカーポート、物置なども建物付属物として火災保険の補償の対象となります。

 

保険のプランによりますが、台風や大雪でカーポートが壊れた、風災によって門が破損したなどといった場合でも火災保険で補償されることがあります。

 

火災保険と地震保険は違う

火災保険と地震保険は違います。
しかし、地震保険単体では加入することが出来ず、火災保険に付帯して加入しなくてはいけません。

 

火災保険は、火事、落雷、風雨災害、盗難によって生じた損害を補償する保険です。
また、契約するプランによって異なりますが、建物、家財、建物と家財が補償されます。

 

一方、地震保険は、地震、噴火、津波によって生じた火災・損壊・埋没・流出を補償する保険です。
火災とありますが、地震によって生じた火災のことです。
地震によって生じた火災は火災保険の補償対象にならないのでご注意下さい。
地震保険も火災保険と同様プランによって異なりますが、建物、家財、建物と家財が補償されます。

 

地震保険は火災保険に追加で加入することが出来ます。

 

火災保険と異なるのは、補償金額に上限があることです。
建物は5000万円、家財は1000万円が上限となっています。

 

地震によって建物が倒壊すると立て直す必要があります。
新たにローンを組んで住宅を建てると二重ローンが生じる恐れがあります。
補償額に上限がありますが、地震保険に加入していると補償金額によりますが、二重ローンのリスクを減らすことが出来ます。

 

更新履歴